最新記事

播州織工業組合と再度合同会議を開催!

20190617191141_photo1.jpg  101245bytes

まちづくり委員会と播州織工業組合との会議の様子

2018.5.22

 昨年度の「まちづくり委員・播州織工業組合合同会議」において、織布経営者より、一般消費者の目に直接触れて手に取ってもらえるような展示会をしたいとの要望があり、これに応えるべくまちづくり委員会として展示会や販売会ができる場所を加盟組合にもお願いし探してきました。一方、県会議員を通じても兵庫県下の行政イベントで場所を確保できないか模索してもらいました。その結果、兵庫県のふるさと館においてイベントスペースを確保することができました。そして、今回5月22日に改めて播州織工業組合との合同会議を開催し、展示会の開催の可否、日程や対応人員の確認を行いました。
 播州織の織布経営者との意見交換会も4回目を重ねたところで、ようやくUAゼンセンに対する警戒心が薄れ歩み寄ってもらえた印象がありました



淡路島活性化会議との合同会議を開催!

20181227105751_photo1.jpg  1221472bytes

淡路島活性化会f魏のみなさんとの合同会議の様子

2017.12.6

 兵庫県支部まちづくり委員会では、西脇市の播州織の活性化と並行して淡路島の活性化に向けた取り組みを行っています。以前よりまちづくり委員長と県支部担当者が淡路島活性化会議や商品開発会議等に参加していましたが、2017年12月6日、まちづくり委員全員で淡路島を訪れ、活性化に向けたヒントを探りました。
 淡路島では、そば打ち体験やお香づくりを体験したほか、伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)で宮司と面談し淡路島のことを教えていただくとともに、淡路島で地域活性化の取り組みを行っている人材派遣会社のパソナの講義を受けました。また、かねてから参加していた淡路島活性化会議の委員の方々とも合同会議を開催し、淡路島の活性化に向けて何ができるのか等、議論しました。
 淡路島には私たちもあまり知らなかった名所や名物がたくさんありましたが、今後、播州織の振興に向けた活動と合わせて淡路島についても対応していけるのかどうか、改めて検討しようと考えています。



繊維産業活性化に向けた西脇市と足利市の合同会議を実現!

20170314173456_photo1.jpg  490431bytes

ともに繊維産業がさかんな西脇市と足利市の合同会議の様子

2016.10.3

 兵庫県支部まちづくり委員会では西脇市を中心とする播州織の復興に取り組んでいます。前号のコンパスでは、7月に、まちづくり委員会のメンバーと西脇市の行政担当者、商工会議所メンバー、播州織の経営者団体等で「西脇市まちづくり合同会議」を開催したことを報告しましたが、今回は10月3〜4日の2日間をかけて、西脇市と、同じく繊維産業のさかんな足利市の連携を模索するための合同会議を開催しました。
 西脇市には「織布はあるが衣料品等の製品加工が弱い」、一方の足利市には「繊維関連の高度な技術を持っている加工業者が集まっているが素材が弱い」ということで、「両者が連携して国内外に強力に発信できる繊維関連製品を生み出していくことができないか」ということが今回の狙いです。
 今回の合同会議は、これまでもお世話になっている兵庫県立大学大学院客員教授で、各地で地域ブランディングを手掛けている勝瀬教授の仲立ちもあり実現したものです。



地域ニュース