最新記事

県支部のまちづくり活動が国土交通大臣賞を受賞!

20170314174147_photo1.jpg  3662336bytes

表彰状を手にする富永支部長(左)と佐々木委員長(右)

2016.10.28

 10月28日、宮城県支部は、「平成28年度都市緑化及び都市公園等整備・保全・美化運動」における都市緑化功労者として国土交通大臣賞を受賞しました。これは本年4月に仙台市の七北田公園に健康促進器具8基を寄贈したことによる受賞です。この器具は震災以降、とかく閉じこもりがちになっている高齢者に、普段着で健康増進をはかってもらい、買い物に、散歩にと、とにかく外に出て社会参画をしてもらいたいとの思いから、仙台市の理解をいただき設置したものです。
 宮城県支部は、これまで「こころの復興」をまちづくり活動のテーマとして掲げ、仙台市を中心に震災後復興を祈念した植樹等を行ってきましたが、今回は、震災以降のさまざまな取り組みの延長線上で受賞させていただいたものだと思っています。
 宮城県支部は、今後とも「県支部まちづくり委員会」が中心となって、継続して復興支援活動に取り組んでいきます。今回の国土交通大臣賞の受賞は、県支部の仲間の震災復興の取り組みに対するご褒美だと思っています。継続して頑張ってきた県支部の仲間に拍手をおくっていただきたいと思います。



震災復興祈念・白石市観光支援事業・沢端川沿いの植樹を実施しました!

20150626102548_photo1.jpg  2775777bytes

沢端川沿いの植樹後の記念写真

2014.10.25

宮城県支部まちづくり委員会では2011年3月11日の東日本大震災の発生以降、復興祈念事業としての取り組みを行っています。

 今回は、2014年5月20日に行った白石市の沢端川への「鯉の放流」に引き続き、「沢端川沿いの植樹」(ヤマブキ96株、アジサイ77株、シダレザクラ2本)を実施しました。



震災復興祈念 沢端川 鯉の放流会を実施

20140701153209_photo1.jpg  3231842bytes

白石市 沢端川への鯉の放流後の記念撮影

2014.5.20

宮城県支部まちづくり委員会では2011年3月11日の東日本大震災の発生以降、復興祈念事業としての取り組みを行っています。

今回、城下町である白石市での観光支援事業に参画してきました。白石市はかつて城下町として活気があったが(UIゼンセン同盟の加盟組合も多数所在していた)、産業の空洞化、人口減少や高齢化とともに商店街がシャッター通り化し、まちの賑わいが失われてきました。



地域ニュース